ルクセンブルグ 2002/08/10

ルクセンブルク市:その古い街並みと要塞化都市,94/12/17,文化遺産

ルクセンブルグ大公国の中心はルクセンブルグ市

ブリュッセルから,200km 南にあるルクセンブルグを目指す.ブリュッセルの R0 から,E411 へ抜けてひたすらにまっすぐ行くと,道はそのままルクセンブルグに続いている.片側 2ないし3車線あるし,100km/h 以上で走れるので,2時間半程度で着いてしまう.7時に出て,9時半にはもう着いてしまった.国境も,EUの星の並んだマークに "LUXENBOURG" と書かれているのみで,100km/h のまま国境を越える.ベルギーからルクセンブルグに入ると,急に道が良くなり,看板もきれいになった.そのまま国の名前と同じ,ルクセンブルグの街の中心に向かう.

アドルフ橋 at ルクセンブルグ

街は新市街と旧市街に別れていて,間に川が流れ,それをアドルフ橋が結ぶ.この渓谷,石造りの味のある橋と,重厚な建物の対比がルクセンブルグらしい風景だ.中央駅まで新市街を歩き,切手とポストカードを買う.

ルクセンブルグ

このあたり,一応観光地になっているが,基本的にただの街.旧市街に戻り,教会や広場を見て回るが,今ひとつピンと来ない.カフェオレを飲みながらポストカードを書く.ここはフランス語かルクセンブルグ語だが,地元の人同士ではルクセンブルグ語で話しているようだ.こんな小さな国,オランダ,ベルギー,ルクセンブルグのベネルクス3国の中で,州のひとつのような大きさ.海からも遠いし,交通の便も悪いし,良く国として成立できるな,と思うのだが,世界でも屈指の金融センターだ.

ボックの砲台

ボック砲台 at ルクセンブルグ

街の東にボックの砲台 Casemates du Bock がある.ここは崖の岩をくりぬいて要塞にしたもので,崖の下には川が流れている.この地下要塞の中は,延々地下道が続いていて,川まで階段で降りていける.

ボック砲台 at ルクセンブルグ

中は結構涼しくて良いのだが,石段をひたすら上がったり下がったり,人とすれ違うのがやっとのトンネルの中を進む.探検気分は良いのだが,等身大アリの巣の中を上がったり下がったりしている感じだ.

ボック砲台 at ルクセンブルグ

ずっと進むと,崖の下に出られる.最後に地上まで戻ってきたときはくたくたになっていた.

レストランで子牛のタンシチューを食べる.街も見つくした感じなので,他の街を見に行くことにする.

Esch-Sur-Sure

Esch-Sur-Sure

ルクセンブルグ市から,北に行って,西に少し行ったところに,Esch-Sur-Sureという町がある.すごく小さい田舎町なのだが,味のある街だ.この街は,グニャリと曲がった川に囲まれ,中心には急な高台があり,坂にへばりつくように町がある.この町の,黒い三角屋根の建物こそ,典型的なルクセンブルグの建物だ.

Esch-Sur-Sure

中央の城壁から見下ろすと,町が一望できる.こじんまりとした,とてもとても美しい町だ.ちょうどお祭りをやっているらしく,屋台が出て,少し盛り上がっていた.

Esch-Sur-Sure

さて,このルクセンブルグに来た最後の目的は,ユーロのコインを集めることだ.ユーロのコインは,表のデザインは同じだが,裏のデザインは国ごとに違う.この中で手に入りにくいのが,ルクセンブルグのコイン.もともと人口 40万人ほどしかいないので,ほとんど流通していない.アイスを買ったついでに,どうしても手に入らなかった 1セントコインがないか店のおばちゃんに聞くと,しょうがないなという表情をして,レジの横のブリキの缶から出してくれた.

Euro Collector Euro Collector

Last updated: Sun, 02/27/2005 18:35 GMT