オランダ・キンデルダイクとデン・ハーグ 2002/08/04

キンデルダイク-エルスハウトの風車群,97/12/,文化遺産

今日はオランダへ.オランダといえば風車.風車が見たい!そこでロッテルダム Rotterdam の南東にあるキンデルダイク Kinderdijk というところを目指す.しかし,キンデルダイクはあまりに交通の便が悪い.車で行くしかない.行く途中,何回も道を間違え,ガソリンスタンドなどで道を聞きながら向かう.世界遺産に登録されているにもかかわらず,たいした標識もなく,道を尋ねても知らない人が多い.最後の最後になってようやく小さい標識が現れ,田舎道を 15分ほど走ると,風車が遠くに並んでいるのが見える.


ここに残る風車は実際に干拓に使われていたもので,余りにもオランダらしい空・風車・水の景色が残ってるところだ.のどかで美しい,おすすめの場所だ.


 


ここは,外から見るには,いつでも行くことができるが,中に入ってみるためには,きちんと開館時間を狙っていかないといけない.さらに,実際に回っているところを見るためには,夏の週末に行かないといけないので,きちんと調べてから行くべき.2 Euro払って風車の中に入ると,木で作られた仕掛けで水をくみ上げる仕組みになっているのが見られる.


さて,苦労してきたが,ここには本当に風車しかない.眺めはとてもよいところなので,しばらくぶらぶらして,今度はロッテルダムを抜け,デン・ハーグ Den Haag を目指す.この街は,それほど大きくないが,議会があったり,女王の宮殿があったりして,実はとても重要な街だ.


ここに来た目的は,マウリッツハウス美術館 Maurutshuis Museum があること.この美術館が有名なのは,フェルメールの「真珠の耳飾りの少女(青いターバンの少女)」があること.フェルメール好きとしては,これは見逃せない.絵自体は,そんなに大きい絵ではないが,この少女の表情と,なんといっても目が良い.同名の映画もあり.美術館自体,それほど大きくないが,レンブラントの「解剖」などの傑作もある.お堀のほとりに立っているのも趣がある.


ついでに,日本人としては前々からとっても気になっていたビーチリゾート,「スケベニンゲン Scheveningen」へ行く.なんといってもスケベ人間だ.ビーチでは,あられもない姿の人たちであふれかえっていると期待したのだが,ビーチは寒くて誰もいなかった.残念な気持ちをかみ締めながら車に戻り,帰路に着く.

Last updated: Mon, 02/14/2005 1:55 GMT