Singapore

- タイからシンガポールへ -

Thailand -国境-> Malaysia -国境-> Singapore

期間
1999, 4/25 - 5/3
 
渡航費用
FREE! Yen United Airline Mileage
総滞在費用
Thailand: 6,600円 (1US$=B37, 1US$=120yen, 1999)
Malaysia: 14,000円 (1US$=RM3.7, 1US$=120yen, 1999)
Singapore: 22,000円 (1 US$=S$1.7, 1US$=120yen, 1999)

( Malaysia からの旅行の続き)

Singapore

団地


Singapore, Yuichiro Nakamura 1999

 

マレーシアからコーズウェイを越えて,シンガポール側の Immigration で入国審査をすると,いよいよシンガポールだ.そのまま歩いて行くと,バス停があった.いくらシンガポールが小さいと入っても,市街地まで 20km はある. ただ,まだ S$ がないので,涙をのんで歩き続けると 5分ほどで両替屋が 1つあった.MRT(Mass Rapid Transfer) と呼ばれる列車で City Centre まで向かう.

シンガポールは,どこを見回しても団地ばかりだ.

 

Merlions


Merlions, Yuichiro Nakamura 1999

シンガポールといったらマーライオンだ.世界三大がっかりに数えられているそれは,

・元祖マーライオン : Merlion Park にある.本来のマーライオン

・小マーライオン : 同じく Merlion Park にある.マーライオンの後ろの噴水のちっちゃいやつ

・ザ・マーライオン : 世界中の観光客をガッカリさせた元祖マーライオンの汚名を返上すべく作られた37mもあるもの

とあり,ザ・マーライオンは,大仏みたいに中に入って口の中や頭の上から外が見られる.とにかく黙々とこれらを回り,思う存分ガッカリを堪能した.世界三大がっかりに関してはコラム「絶対行きたい!」の世界三大がっかり制覇を参照ください.

 

Bugis Village


Bugis Village, Singapore, Yuichiro Nakamura 1999

 

フルーツを買いに,Bugis Village へ向かう.ちょうどドリアンの季節らしく,そこかしこでドリアンが売られていた.写真の札には,「1粒 S$5(350円)」とかかれている.最近ドリアンは供給過多で,価格が非常に安くなっている.

さすがに 1人でドリアンを 1つ買うわけにいかないので,ランブータンを 1kg (S$3 = 210円)買う.

 

Bird Singing Concert


Bird Singing Concert, Singapore, Yuichiro Nakamura 1999

今日は日曜日なので,早起きして Bird Singing Concert へ向かう.なんでも,店の軒先に,鳥かごを持ち寄ってつるし,鳥の声を聞きながらコーヒーを飲んだりする店だという.

言ってみるとその通りで,200はゆうにつるせる藤棚のようなところに,鳥かごがズラーっと並べられており,皆でコーヒーを飲んでいる.後からやってくる人も,1人あたり 3,4個ずつぐらいもってきて,自分でつるして席につく.鳥はピチピチチュンチュン近所迷惑なぐらい鳴いている.旅行者も何人か来ていて,それなりに知られているようだ.

 

Zhujiao Centre


Zhujiao Centre, Singapore, Yuichiro Nakamura 1999

そのまま Zhujiao Centre の K.K. Market へ行き,朝食を屋台でとる.またカレーだ.

 


Singapore, Yuichiro Nakamura 1999

シンガポールの車には,ERP 用の装置がフロントガラスのところに取り付けられており,繁華街に設置された ERP ゲートの下を通過するごとに料金が加算される.渋滞を抑制するための,苦肉の策らしい.

 

Foot Massage


Foot Massage, EE Kang Reflexology Centre, Singapore, Yuichiro Nakamura 1999

いよいよふっとマッサージだ(S$20=1400円).まず,靴下を脱いで健康サンダルに履き替え,香りのついた Foot Bath で足を洗う.そして,リクライニングされたイスに横たわる.いきなり足にニベアを塗り,ゴリゴリやり始める.結構力が入っていて,ゴリッとやったときに,「痛っ」と声をあげると,ニヤリと笑って

「頭」

と悪いところを教えてくれる(ちなみに,「頭」とは,寝不足ということらしい).全てやって,30分ぐらいで確かに足の充血感はなくなった.とりあえず,めでたし.

 

Fish Head Curry


Fish Head Curry, Banana Leaf Apolo, Singapore, Yuichiro Nakamura 1999

 

魚の頭の部分をカレーにしたその名も Fish Head Curry は,そこそこの辛さで,25cm ぐらいの魚の頭が丸ごと入っている.なかなかうまいのだが,魚の頭って,良くほじると結構食べでがあり,すぐおなかがいっぱいになってしまった.一人で食べるもんじゃないのか.ものもと.

 

マレー半島縦断の旅も終わり.

Thailand -国境-> Malaysia -国境-> Singapore